「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」感想

本の感想は割とまとまりなく書く予定。
きっと誰かが綺麗にまとめてくれてるので、心に残った部分の感想を。

さてこれは長らくkindleオーナーライブラリーで一番の売りのようにおすすめされてる、高くてボリュームあって評価の高い自己啓発本。
人生をよりよく生きるための七つの習慣的な。


完訳 7つの習慣 人格主義の回復

自己啓発本は食傷気味というか読むだけ読んで実践できてないものがいくらでもあるので、これ以上読まなくてもいいんじゃないかなっていう気持ちある……
でも興味のあるあっちやこっちの分野の人が話題にしてたので。

kindleだと先の見えないトンネル感あって(いや「いま何%め」とかのページ位置は分かるんだけど)「ま、まだある……!?」って思いながら読んでた……
一月一冊のオーナーライブラリー的に月末までに読みたくて、隙間時間で読んでたらほんと月末までかかった……(紙の本で560ページのよう)

ちゃんと密度あるので「よっしゃ啓発されたるでー!」ていう意気込みがあればたるまず興味深く読めると思う。

「7つの習慣」の印象に残ったところ

もはや本が手元に無いので必要以上に自分の言葉でまとめざるをえない
印象で書いててすまない

優先順位と捨てるものを決める

人生のキャパは有限なので最優先事項を最優先でやれ、
やれることには限りがあるんだから捨てるべきは捨てろっていう。

時間管理の観点として TO DO を以下の4つに分類する。

第一領域:緊急で重要
第二領域:緊急じゃないけど重要
第三領域:緊急で重要じゃない
第四領域:緊急でも重要でもない

そんで力を入れるべきは第一領域じゃないのね、
第一領域に追われず第二領域に力を入れて基盤を作る。
第三第四領域は極力避けらるように対策する
みたいな

第二領域の必要性は度々感じる……!

体力の無いなか仕事を持ち帰るのはやらないと決めて、効率化やスキルアップなどの根本的な対策に時間を割かないと身を削るだけだとか。

お金も労力の切り売りではしんどくなるので、そうでない方法を身に付けようとか。

家事が回らないので買い物の宅配とか電化製品とか導入して回していけるシステムを考えようとか。

リーダーシップとマネジメントは違う

これやるぞー!がリーダーシップでこうやるとうまくいくぞがマネジメント。
やることが間違ってたら効率化しても意味ない! ハイすみません!!

自分の軸を明文化する

ミッションステートメントという自分の憲法のようなものを言葉にしておく。
キャッチコピーほど凝縮しなくても箇条書きでいい。
随時変更して練り上げていく。

私は幸せでいたいというのが大前提で、
じゃあ私の幸せとは何ぞやというと
健康と安心、
自分に嘘をつかないこと、
文章やコンテンツで表現すること、
人や社会と望むようなコミュニケーションが取れること

そのへんを大事にしたいなーていう叩き台
すごく……まだふわっとだけど……

相互依存は自立できてる人でないとできない

依存→自立ときて、自立した人だけが相互依存という更に難しいことをできると。
分かる……自立も相互依存もめっちゃしたいけど極めて下手でまず自立がうまくできてないのすごく分かる……

「人を頼るのは鍛えなきゃいけない技術」
「自立とは依存先を増やすこと」
「協力ができると一人で頑張るよりはるかにいろんなことができる」

とか聞くと心底納得しながらやってみるけどほんとびっくりするほど下手でそうそう実践できないんだわ……なんでや……

まとめ

新しい発見があって納得できて、実践できたらそりゃ有意義だわなオッス頑張ります!ってなるからありがたい。

元から課題ではあったんだけど上記の点は今後も忘れず取り組む
というか日々必要性をひしひし感じてるのにそうそう達成できる気がしないやつ……

繰り返し読めって書いてあってそうする価値があると思う
それは本当なのに更に読みたい本が増えてく一方で全然リピートには手が回らないのな……