気持ちの整理が進まない時は部屋の整理をする

断捨離とかミニマリストっていうと割と

「あのモノを捨てすぎるやつでしょ……やめたら……?」

って言われるの何だろ
なんで要るものまで捨ててやりすぎる前提なんだろ…

別にそういう言葉に当てはめなくても
「あっこれは捨てた方が私幸せだったわ」
ていう気付きは増えたらいいよねって思ってる

という前提で5年くらいゆるっと断捨離してきて考えたことを。

捨てたものと捨てられなかった心理

何で要らないものを持ってたかというと私の場合ほとんど予期不安が原因だった

幼少期から老後の心配してたからね!
悪漢に追われた時の逃げ道考えたり手を封じられた時のための足の訓練とかしてたからね!(あほだと思う)

今要らないけど将来要ることになるかもしれないものを一杯持ってた。

考えてみると一生要らないかもしれないし、もし捨ててから必要になってもそんなに困らない、これのためにこの先これだけの保管スペースや労力を割く価値も感じない、

エッ捨てたらええやんか!

ていうものがめっちゃあった

実用書:知識不足の不安で捨てられない

持ってれば参照できるから置いとくとしても、いざという時に参照できるほど手掛かりが頭に入ってない、当面必要になる気もしない、検索で事足りるものが色々あったので売った。

漫画:読み返すと思ってたけど手元になくてもよかった

鬱になった頃から一部ストーリー物を読むのが難しくて「読み返して楽しむ」っていうことがほとんど無かった。

文章はもっと難しいので気付いたら小説を一冊も持ってなかった。

いざとなったら図書館で借りても本屋で買ってもいいし、もう市場が本棚みたいなもんじゃね?と思って、手に入らなくなるかもしれない本とほんとに読み返したかったり実用してる本以外は売った。
カラーボックス4つ捨てた。

買った本はいずれ捨てるかどうかの葛藤にさらされるので電子書籍を選ぶことが増えた。
読み心地は紙がいいし、紙で読むと決めてるシリーズもあるけど。

壁一面本棚っていうのにも憧れてるけど、それはそれをできる状況になった時に考えればいいや。

来るか分からない未来より今の自分を基準にしよう。

服:要るものが揃ってないから要らないものを溜めてた

「これはそろそろ捨てた方がいいのでは」ラインの服を溜め込んでた。

だってホイホイ買えないので貰いものや直して着てるのメインで、さあパリっとした服だふわっとした服だを着ろと言われたら、どうにかかき集めてそれなりのコーディネートを生み出さねばならない。

でもちょいちょい「それもう捨てたら」って言われたので

言われるって相当だと思ったので

「これくらい着古したら捨てる」ラインを上げました。
「ウンまずいかもとは思ってた」ってやつで半分減った。

ちょいフォーマルと通勤服と華やか服と楽な服が要るかな、これとこれで何とかなるけどアレが足りないな、って整理したら「これは捨てても大丈夫」って分かるようになったので、漠然とした不安から何でもかんでも持ってなくてよくなった。

タンスと衣装ケース2つ捨てて、残った服はクローゼットに収まってる。
残り50着くらい?

服は今まで「必要なものが足りてない」と常に探さなきゃいけない感覚があったけど、今は必要な時と見たい気分の時たまに見るだけ。

ツテ:身一つで生きていける自信がないから捨てられない命綱

私が過労でブッ壊れた昔の職場ですが、かさばる資料と昔の恨みはうやむやの関係性を保っていれば多少仕事を貰える可能性があり、それを捨てることは自活できてない私に許されることではないのでは

という義務感で、見るのも嫌な資料を抱えていました。

ウン おまえそういうこと言ってるから逃げ遅れたんだからな

ブッ壊れてどれだけのものを失ったかを振り返れば早く全力で距離を置けばよかったと100%思う。

命綱が首を絞めてる! よしやめよう!

そんでそれがなくても大丈夫な状況を自分で作ってこう!

って資料全部捨ててとても前向きに晴れ晴れした。
部屋の整理は心の整理ってこういうことなんだな……!と身をもって理解した瞬間でした。
思い込みや不安を消化して捨てることが一番大きな断捨離なのでは。

他にも個人的にはもう関わりたくないのに切らずにいたツテは切った。
関わりたくないなら関わるな!

連絡先:縁を切りたい訳ではないけど普段必要ない

電話帳の断捨離ムリすわ~と思うのがなんでか考えた。
年賀状のやりとりだけだけど……年賀状も送ってないけど……自分から連絡しないけど……エッ別に縁切りたい訳じゃない……
ていう相手が割といる。

気力が追っつかないので自分から連絡することは少ないのだけど、ふと話したくなったらさらっと連絡できたらいいよねと思うし、

「これだけ音信なかったらもう自然消滅かな」と思いつつ、未だ友達と思って連絡くれたとしたらそりゃ嬉しい。

でも普段この連絡先使う予定全然ない。

なので普段目に入る所には普段使う連絡先だけ入れて、使う予定の無い連絡先は別のアドレス帳的なものに収納。

スッキリ~服もだけどその時必要なものだけ置いておいて簡単に選ぶことができるっていうのは想像以上に快適! 脳のメモリを余計に食わない!

書類:捨てて後で困らないか心配

それはもう医療ミスののち証拠書類が要るんじゃないかとか、役所の税金計算ミスののち証拠書類が(略)
分析してみれば原因が心配ばかりなんだけども。

そりゃあ原本の要る大事な書類もあるので選別おっかないけど、どの書類が何年保管とか調べて書いておいて、データでいいものはスキャンして、検索やダウンロードできる説明書は捨てる。

断捨離で今の自分に必要なものが分かる

という訳でかなりスッキリしました。

捨てられない理由を特定すると私は大体「後で困ったらどうしよう」で、更に考えれば「それそんなに困らないよ」と分かって、そうするとすごい明確に捨てていいラインが分かって気持ちよく捨てられる。頭の中も整理できる。

そんでこのラインがあるとそもそも要らないもの買わなくなるのよね。

現状要らないものを捨ててただガラーンとした部屋になっている。
要らないもので空間を埋めるくらいなら空けておきたい。

その分好きなものへのアンテナ精度を上げよう。
捨てて初めて精度が上がるっていうのあると思う。

未来の心配ばかりしてたのを今にフォーカスさせる心理的ワークショップだったのでは……というほど思い通りにならない心を物理を通して分かりやすく整理したと思う……

そして心がごちゃごちゃしてきたらまた部屋もごちゃごちゃするんだろな。
常に今の自分のためのものを持つようにしよう。

いつまで生きてられるか分からねえだろ!

今を生きろ!(自分に)